求人依頼

募集条件や募集地域を決定し、現地送出し機関にて募集をかけます。書類選考などを行い、求人数の3倍になるように候補者を選抜します。

現地面接

組合職員同席のもと現地で面接を行います。人選決定後、企業様と技能実習生は雇用契約書を交わします。

現地での日本語学習

約3ヶ月間、現地で日本語、日本の生活習慣、文化についての基礎知識を勉強します。

入国書類申請

技能実習生が現地で日本語学習、入国準備を行っている間、組合では入国管理局への「在留許可申請」を行います。在留認定証明書の交付後、送出し国の日本領事館にてビザ申請を行います。

申請書類作成上、企業様には必要書類の提出及び捺印のご協力をお願いしております。

入国

ビザが許可されましたら、技能実習生は現地での日本語学習を終え、ついに日本に入国します。

集合研修

約1か月間、組合で専門教師による実践的な日本語の勉強、地元消防署による火災訓練、専門家による労基法の教育を通じて日本文化・風習、法律・道徳などを身につけます。日本の生活に順応できるようサポートいたします。

入社、技能実習開始

組合での講習修了後、企業様に配属となり、技能実習が始まります。
これから技能実習が終了するまで、組合ではしっかりサポートしてまいります。